廃止届出について

特例による実験等を終了し、無線局を廃止したときは、遅滞なく届出(廃止届出)を行う必要があります。(電波法第4条の2第6項)

実験等の終了後、管理措置が必要です

無線局を廃止した後は、無線設備を回収するなどの措置を行い、その無線設備が、その後、誤って不法無線局として使用されないように管理してください。

ログイン後、「廃止届出」のボタンから廃止届出を行ってください。